妊婦に葉酸が必要なわけとは

若い頃は全く知らなかったけれど、妊娠を意識するようになって「葉酸」について初めて知る方は多いと思います。葉酸とは、水溶性のビタミンで、体の細胞を作る時に必要なビタミンの一種です。細胞分裂と増殖、阻止区と臓器を形成する働きがあります。葉酸は妊娠中、赤ちゃんの細胞を増やし、臓器を形成する際に大量に必要になります。葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害や二分脊椎などの先天性異常を発症するリスクが高くなります。また、母体に関しては貧血、早期胎盤剥離、流産などの発症率が高まります。とはいえ、妊娠してから葉酸を積極的に取るのでは遅すぎます。赤ちゃんの細胞分裂や臓器京成が行われる時期に十分な葉酸を確保するためには、妊娠4週前から妊娠12週目まで摂取することが望ましいとされています。妊娠を希望する女性は、妊娠を意識し始めたらすぐに葉酸を積極的に摂取することをお勧めします。日本の厚生労働省は、妊娠前・妊娠初期に必要な一日の葉酸の摂取量を400?としています。しかしながら、過剰摂取には注意をすべきです。一日1㎎以上摂取すると、ビタミンB12欠乏症を隠してしまい、診断しにくくなってしまいます。葉酸が多く含まれる食品としては、ほうれん草、ブロッコリー、うなぎ、レバーなどがあります。これら食品から葉酸をとろうとしても、体に有効に働くのはそのうちの50%程度になります。また、葉酸を意識するあまり、うなぎやレバーをとり過ぎると、これらに含まれるビタミンAも過剰に摂取してしまう恐れがあります。ビタミンAを過剰摂取してしまうと、胎児が奇形・先天性異常をもって生まれるリスクが高まるといわれています。妊娠初期はつわりもあり、食品から必要量の葉酸を摂取することはなかなか難しいため、厚生労働省もサプリメントを有効活用することを勧めています。

サプリメントアドバイザーがおすすめする葉酸サプリの選び方